TORITENトリテン

闘う言葉

【練習後】MF 48 川西翔太「チーム一丸となってどう戦えるかが問われる」

 

——前節の2試合連続ゴールで勝ち点1をもぎ取れた。

一列前に上がったことによって、バランス的に守備の負担が少し減り、前に関われるようになったので、攻撃に行けた。コースは見えていた。

——いつも前線の選手が得点すればと言っているが。

自分が点を取りたいという欲よりも、チームとして点が取れればという思いが強い。勝つことがいちばんなので。前節のゴールシーンでも、パスも考えたのだが、あの時間帯だったし相手の対応に穴があったので、中に出すのと2つの選択肢を持ったところから、シュートを選択した。

——今節はまたまったく違う相手だが。

福岡は個の能力の高い選手が多く、チームとしてもあの順位にいるだけの力がある相手。それに対して自分たちはチーム一丸となってどう戦えるかが問われる。

——今節のポイントは。

(鈴木)惇が出場できないので、その代わりに誰が入るか。代わりに入ったメンバーがその後ポジションを奪うくらいの活躍をするかもしれない。

——シーズン終盤にこの順位にいて。

自分はプレーオフのことは考えていない。一戦一戦、目の前の試合に勝っていくだけ。その結果としてどれだけ上に行けるかということだと思う。