【ソーシャルアクション】大分トリニータホームゲーム ハートフルシート 設置のお知らせ

2020シーズンより、スタジアム内のトリニータシート・自由席の一部最上段席(200席)をハートフルシートとして設置する事になりました。

 

ハートフルシートとは高齢の方や、障がい者、足が不自由な方、妊婦・乳幼児連れの方等にも安心して試合観戦をして頂けるシートとなっており、お互いの事を思いやれるインクルーシブ(支えあう)社会の実現を目的として設置するシートとなります。

皆様のご理解ご協力のほど何卒宜しくお願いいたします。

 

ハートフルシートの座席位置については、下記の図よりご確認ください。

 

このほか、大分トリニータでは、「障がいのあるなしに関わらず、一緒にスポーツを楽しめる社会づくりのきっかけになる」をテーマに2018年シーズンよりホームゲームでのパラスポーツの体験会を実施しています。

多くの子ども達、年配の方々、そしてトリニータの選手も交えパラスポーツを一緒に楽しむ機会を創出し、多様性を尊重し合える優しい社会づくりに一層取り組んでいきます。

 

※インクルーシブ(支えあう)社会の実現のためトリニータの行うソーシャルアクションプロジェクトへの協賛パートナーとなっていただける企業を募集しています。

 

お問い合わせ:(株)大分フットボールクラブ ソーシャルアクション事業部

TEL:097-554-2250