MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

AWAY

2022明治安田生命J2リーグ 第31節

徳島ヴォルティス

08.14 Sun/ 19:00

vs 徳島ヴォルティス

鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

PAST MATCH試合情報

 vs 

. 9:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・守備は粘り強く、前向きにコンパクトにすること
・攻撃はサイドを基点に
・アグレッシブに

Head coach comment

片野坂知宏監督

われわれは前節のFC東京戦を前倒しで戦っていたので、2週間のブレイクがあった。その期間に、今後に向けても守備と攻撃の両面を全員で確認しながら、今日のゲームに向け準備した。
 
浦和さんは好調で、攻撃力があり、交代選手を含め非常に脅威になる。それに対しての守備は全員で粘り強く戦おうと話して臨み、選手たちは90分切らさずに、バトルの部分、個人の対応を集中してやってくれた。守備に関してはいいプレーだったと手応えを感じている。
 
ただ、攻撃に関しては、チャンスは作れている。G大阪戦もそうだったが結果は0点。これはしっかりとチームとして課題に向き合っていかなくてはならない。なんとか改善して得点しなくては勝点3を得ることはできない。いろんな要因あると思うが、トレーニングの中から当事者がこだわって積み上げていくしかない。
 
戦術の狙いについては攻撃面でもいいプレーをしてくれていると思う。ただ、この2試合は内容と結果が伴わない。今日も0−0の勝点1だったが、勝ちたかった思いが強い。勝てたのではないかというゲームに値すると、自分の中では思っているので本当に悔しい。
 
いま、こういうゲームができているのに勝利につながらないことを修正して、残り9試合で勝ち点を積み上げていく。今日のように90分間、チームとして狙いを合わせてやっていくしかない。ホームで2連戦、たくさんの方にお越しいただき応援していただいたが、勝利をプレゼントできていない。次は中2日でアウェイ横浜FC戦。いい準備を選手全員でして、勝てるゲームができるようチャレンジしたい。

Player’s comment

GK 1 高木駿

——3試合未勝利の中でひさびさの出場だったが。
 
まず僕自身がすごくひさしぶりの試合だったので、考えすぎずにしっかり自分のプレーに集中しようと思って臨んだ。昨季も個人的に浦和にはいいイメージがあった。無失点で終えることができてよかった。
 
勝っていない中でもチームの雰囲気や状況は悪くなかった。出場できない期間は外から試合を見ながら、自分がどうしたら上手くいくかを考えながら過ごしていた。今日はその考えていたことプラス自分が持っているものを整理して試合に臨めた。
 
——内容的には勝点3が欲しかった試合だったと思うが。
 
決定機も何本もあったし、1点が入っていれば勝てた試合だったと思うが、守備の選手としては無失点で終えられたことがよかった。自分自身にとっては次につながる結果だったと思う。

FW 9 知念慶

——0−0という結果について。
 
勝点3取れる内容だったのでちょっともったいないかとも思うが、チームとしてやるべきこと、攻守の狙いはできていた。2試合連続で得点が取れていないので、チームに持ち帰ってトレーニングからやらなくてはならない。
 
——攻撃面で手応えを感じた部分もあったのでは。
 
練習で監督から言われた狙いを試合で体現できたのは自信にもつながったので、継続したい。
 
——次節・横浜FC戦に向けて。
 
中2日で厳しい試合になると思うが、今日の引き分けを勝点3につなげたい。