MATCH
INFORMATION
試合情報

PAST MATCH試合情報

 vs 

01.01 Thu   0:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・集中して入ること
・攻守共に粘り強く戦うこと
・守備のリスク管理とセカンドボール

■  宮本恒靖監督

・全体をコンパクトにして戦おう
・攻撃はテンポを上げて、相手陣内深く攻め込もう

Head coach comment

片野坂知宏監督

ひさしぶりの14時キックオフのデーゲーム。入場制限と鳴り物応援制限も緩和され、たくさんの方にお越しいただいた中で、G大阪サポーターにも多くご来場いただいて、少しずつJリーグに日常が戻ってきているのを感じたゲームだった。
 
G大阪さんには前回対戦時、アウェイで悔しい敗戦をしたので、今節はホームで、G大阪さんに対しても、勇敢にアグレッシブにチャレンジしようと話して臨んだ。
 
結果から言うと0−1で、非常に悔しい敗戦になったと感じている。最低でも勝点1を取らなくてはならなかったと思うし、取るべき内容だったと思うし、もしくは勝点3を取れたかもしれないゲームだったと思う。
 
サッカーでは何が起きるかわからないし、こういうゲームで勝てないことも起こり得るとは思うが、結果だけ見ると0−1なので本当に悔しい。やはりG大阪さんは個のタレントもいる非常に強いチームなのだが、これだけ上回ることが出来て、決定機の数もわれわれのほうが多かった中で、それを決めきれないというわれわれの足りない部分が出た。
 
G大阪さんはセットプレーのチャンスをしっかりものにして、アウェイで勝点3。宮本監督も試合前からセットプレーが鍵になると言われていた中で、交代したパトリック選手に決められた。そういうところで本当に悔しさが残るゲームになった。
 
われわれは第24節を早めにやったので、2週間のブレイクがある。これを有効に使って、次のホーム浦和戦まで準備期間を過ごす。まずは連戦で蓄積した疲労を取り、浦和戦に向けて、今日のようにアグレッシブに戦ってチャンスを多く作れるように、チームとして狙いを合わせ、切り替えて向かっていきたい。

Player’s comment

DF 49 羽田健人

——今日はボランチで先発し、攻撃チャンスにも絡んだ。手応えは。
 
攻撃面はシンプルなミスが目立ってしまい課題が残った。守備面は、自分は守備が出来ないと意味がないと思っていたので、取りにいくところは取りにいってしっかりと奪いきり、いい形で攻撃につなげることが出来たところがよかった。でもまだ全然ダメだった。
 
——今日は悔しい結果になったが、次節に向けては。
 
自分の上で叩かれて失点してしまったので悔しい。映像でそのシーンを見直して、また出場したときにはしっかりやりたい。

FW 27 三平和司

——内容では相手を上回っていたと思うが、結果については。
 
内容で上回っていたので結果がついてこなかったのは残念。こういう試合で勝って、こういうサッカーが強いんだということを証明したかった。
 
——決定機は多かったが、それを生み出せた要因は。そしてあと一歩、得点に届かなかったのは。
 
チームとしてやるべきことがはっきりしていたし、前線の選手もハードワークしていた。チームで合わせる時間があったので、狙いを合わせてみんなでいいプレーが出来て、チャンスが作れたと思う。あとは僕も含めて最後のシュートのところ。もちろん相手GKのクオリティーが高いというのもあるのだが、もっと練習してしっかり得点できないとこういう結果になってしまう。