MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

AWAY

2022明治安田生命J2リーグ 第31節

徳島ヴォルティス

08.14 Sun/ 19:00

vs 徳島ヴォルティス

鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

PAST MATCH試合情報

 vs 

. 9:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・後半集中して入ること
・攻撃はシンプルに、やり切ること
・走ること

Head coach comment

片野坂知宏監督

連戦の中で、われわれは前節、横浜FMさんに0−4という大敗をしてしまって、今日のゲームに関しては、とにかく90分間、全員で集中を切らさずに最後まで戦う姿勢をもってチャレンジしようと話して臨んだ。そういったところでは粘り強く最後まで、交代した選手を含めて戦ってくれたと思う。選手のそういう姿勢に関しては満足しているし、こういったところを残りのゲームでもしっかりとやっていくことが大事だと、ロッカールームでも話をした。
 
お互い連戦ということもあったし、神戸さんがどういうメンバーで来るのかな、何人か休ませるのではないかなという予想はしていた。ただ、メンバーを見たときに、完全にターンオーバーしていて、予想外でびっくりした。それは神戸さんのチーム事情があったり連戦が続いたりをいろいろ考えた中での判断だったと思うが、少し予想していないメンバーだったので、どういう立ち位置を取ってくるか、どういうやり方で戦われるかは、はじまってみなくてはわからない状況だった。メンバー表を見た中で、もしかしたらミラーゲームになるかなという予想をしてスタートしたが、やはり[3−4−2−1]だった。やはり神戸さんには個の能力に長けた選手がたくさんいらっしゃるので、マッチアップして個の戦いになると厳しいかなというところで、なんとか自分たちのチームの狙いとして、全員で守備と攻撃の部分でなんとか上回れる戦いを粘り強くやっていこうと臨んだ。
 
だが、一瞬のところでああいった素晴らしいシュートが入って失点し、非常に苦しい状況になった。ただ、選手も切らさずに戦ってくれたし、ハーフタイムにはもう一度、選手が自分たちで鼓舞して後半のゲームを進めてくれた。なんとか0−1のままであれば、交代選手を含めて、こういったかたちで1−1で勝点を取れると考えていた中で、最後まで粘り強く戦って、勝点1。この「1」はわれわれにとって、すごく大きなものになると思う。これを生かしていかなくてはならない。

Player’s comment

DF 29 岩田智輝

——相手のオウンゴールを呼び込んだクロスの場面を振り返って。
 
攻撃参加に上がったときに(松本)怜さんから3人目でもらおうと思っていたのだが、シマくん(島川俊郎)の「スルー!」という声が聞こえて、その奥からの3人目だったので、結構いい崩しが出来たと思う。
 
——この勝点1をどうとらえるか。
 
前節は0−4で負け、自分のところでも不甲斐ないプレーが多かったので、連敗しなかったことは大きいし、次の試合に生かせる勝点1だと思う。